HOME  > 【新品商品一覧】綿布団 工場直売商品のご紹介 > 本麻100% ヘンプ麻敷パッド
本麻100% ヘンプ麻敷パッド

希少なヘンプ麻は機能性もリネンを超えると言われているんです!

ヘンプ麻(大麻・アサ科)はリネン(亜麻・アマ科)やラミー(苧麻・イラクサ科)と同様に麻の優位的機能とも言える吸湿発散性を備えていると同時に、丈夫さもあり、そして最も優れた熱伝導性を備えています。
糸が太くなる分、しなやかさこそリネンより硬くなりますが
これらの機能性がリネンやラミーを上回るデータも確認されているのです。
また、抗菌・防臭効果にも優れ、栽培時にも農薬を撒かなくても虫がつかないのでオーガニック栽培が通例となっているようなのです。
そんな、地球環境にも人や動物にも優しい素材を使用して贅沢に本麻敷パットを作ってみました。
ヘンプ麻の機能効果



ヘンプって大麻だけど大丈夫なの?


大麻って違法な素材じゃないの?とやはり心配されますが、大丈夫です。
確かに現在、日本では栽培するには許認可制となっていて誰でも栽培できるものではありません。
しかし、戦前までは日本でも各地で栽培され昔から馴染みのある植物だったようですが
戦後、GHQによる栽培規制が惹かれ現在に至っています。
そもそも、マリファナなど薬物として悪用されているものとは同じ大麻種ではあっても
成分が違う品種になるというものですし、そうして利用するのは葉や花(穂)となります。
繊維として用いられる部位は茎となりこの部位によっても全く成分は異なり、安全に使用できるというものなのです。

日本でつくるヘンプ生地を使用しています。その理由とは?

当社で作る敷パットは生地も日本製にこだわっております。
それは日本製シャトル式織機へのこだわりです。
ヘンプの生産は日本では規制されておりますので、イタリア産のヘンプ糸を使い、日本で生地にしています。
商品を企画製作していく上でわかってきたこととして、現在出回っている麻生地の多くは中国で作られた生地を使用しているものが多く見られました。製品は日本製となっていて高価な価格がついているものでも生地の制作は中国で行っているものになりますと、製品となってしまっているものからは見分けは付きません。
しかし、生地産地が少なくなった国内において新しい機械を入れ人件費負けするようなことはする人はいるはずも無く自然にそうなることは仕方ありません。
中国には新型の機械が入っていて特別遜色ない生地が作られているのですが、日本の旧型織機で作るものと比較した時に何か違いを感じました。糸の番手や本数が一緒であっても何か風合いが違うのです。
その原因は製作工場を廻る事で判明しました。織機の構造の違いによるもので、横糸を入れるときにサイドの生地耳をしっかりと押さえ、テンションを掛けて横糸を詰め込んでいくやり方で織っていくことで締りのあるものに織り上がるのです。
この旧織機は日本で織物産業が盛んであった時代は最もポピュラーに使われていたものですが、今や貴重な存在となっております。
しかも当社のある静岡県西部地方は繊維産業が盛んであった地方であり、後に自動車産業に発展した織物機械産業も必然的に多くあったようです。この生地を織る織機も実はこの地域で開発製造された機械を使っております。
縦糸を通す
浜松発シャトル式織機
テンションをかけ横糸を入れる

イタリア産のヘンプ糸を使用

ヘンプとリネンの違い



イタリア産のヘンプで作った糸

織り上がった生地は洗いにかけて仕上げています

ヘンプはリネンに比べて糸が太く、硬さがでますので丈夫さという面ではさらに強いのですが、なるべく柔らかさを出す目的と製品になった後も洗濯時の縮みを抑えるために重要な工程となります。リネンのスべっとしたしなやかさとは違ったヘンプの特徴であるサラット感を残した柔らかさに仕上げています。
余計な薬剤は使用せず、静岡県天竜川水系の天然水で洗い上げております。

織り上がったばかりの生地は硬すぎてしまうためこの仕上げ工程により柔らかさを出していきます。回数を重ねる程柔らかくはなりますが今後の洗濯のことも考慮してやり過ぎは生地を消耗させるだけとなってしまいます。其の辺の加減はプロの経験便りとなります。
本麻ヘンプ生地
洗う前の硬い状態
ヘンプ麻100%
洗い後はこんな感じに
天竜川水系のきれいな水

麻綿も日本で製綿したものを使用しています

当社のヘンプ敷パットの中身は中国産のラミーを日本で精製・製綿しております。
日本では古くから麻の産地でもあり、加工産業も盛んな滋賀県近江地方の専門工場に
作っていただいております。
当社で他に扱う、プレミアムリネン敷きパットの中綿500グラム入り、これでも通常よりは増量タイプと言える量ですが、このヘンプ本麻敷パットではシングルで800g・セミダブルでは960gも使用しております。
あまりに綿量が多過ぎると洗濯機に入らなくなってしまいますし、ワタをフェルト状にしてあるものですと乾きが悪くなるなどの問題も考え、当社では通常の製綿状のもので、ご家庭の洗濯機でも洗える分量ということも考慮しておりますので安心してご利用いただけます。
麻綿は高価であるがゆえ分量をひかえてしまっているとせっかくの麻の良さが十分に発揮されないという当社の考えで多少値段が高くなっても天然素材の凄さを存分に味わって頂くために製品化しております。
ワタ状に製綿加工(ラミー麻100%)
製綿する前の原綿を精製した状態

キルティング縫製加工も日本で行っております

当社のヘンプ敷パットはキルティング縫製も日本の某専用加工所で行っております。
使用する綿の状態や生地の特質などを考慮して速度調整を行い、熟練した専門職人の技が
要される工程です。当社の麻敷きパットは柔らかな麻綿をふんだんに入れ込むためワタが伸びて
しまったりムラができやすく非常に手間がかかります。実際の縫い上がりで綿量がどのくらいに収まっているのか
確認しながら1反づつ丁寧にマシン通ししていきます。
ヘンプ麻キルト敷パット製造
多針キルトマシン
ヘンプ麻キルトパット

日本製ヘンプ麻敷パット


○当然、生地生産も綿生産も縫製仕上げもすべて日本製の純日本製です。
○ワンウォッシュ仕上げ加工してあります。(ご家庭で丸洗いしても大丈夫)
○自社企画で中間業者の仲介なしだから格安価格を実現させています。



「原綿精錬のプロ」・「製綿のプロ」・「織機のプロ」・「生地仕上げのプロ」・「キルトのプロ」・「縫製仕上げのプロ」
国内の加工所だけでも6箇所の厳選された工程別のプロの手を渡り出来上がっている敷パットです。
その他にも外国の栽培農家と撚糸家も関わっているわけです。
ヘンプ本麻キルトパット
ヘンプ本麻敷きパット
(シングルサイズ100×200)

表生地:ヘンプ麻100%
裏生地:綿100%
中綿:ラミー麻100%
中綿量:800g
日本製
価格:¥19.440(税込)
送料無料
ヘンプ本麻ベッドパッド
ヘンプ本麻敷パッド
(セミダブルサイズ120×200)

 表生地:ヘンプ麻100%
 裏生地:綿100%
 中綿:ラミー麻100%
 中綿量:960g
 日本製
 価格:¥23.220(税込)
送料無料

洗える麻敷パット
ご家庭の洗濯機で丸洗いOK

【品質表示について】
※表生地はヘンプ100%の生地を使用しておりますが、日本の品質表記法上、リネンとラミーだけが麻表記できるものとして指定されているため品質表示タグでは(指定外繊維)という表記になっております。

布団製作(打ち直し)・製品ご注文、見積依頼フォームへ



全国どこからでもご注文承ります

【綿ふとん打ち直し工房】なら

「持ち込み」・「取りに行く」手間はかかりません。



このページの上へ